鍼治療|豊洲の動物病院なら「とよす動物病院」へ

鍼治療

鍼治療について

東洋医学では、すべての生き物は身体の中で「陰」と「陽」のバランスを保つことで生きているという考え方があります。そしてこのバランスが様々な要因で崩れてしまうことで病気を引き起こすと考えられています。

このバランスの乱れを改善して健康維持を目指す医術のひとつが「鍼治療」です。
鍼治療では、いわゆるツボと呼ばれる経穴を鍼を使って刺激することで、身体が持っている本来の自然治癒力や適応能力を高める効果が期待できます。

当院では、この効果に加えて理学療法などの西洋医学の長所も取り入れたトータルケアを目的として施術を行っています。

鍼治療の適応

当院では、鍼を刺入してから微弱な電気を流す「電気鍼」を導入しています。この鍼による物理的および電気的な刺激によって、軽い鎮痛効果や血流の改善が得られ、また免疫機能を高める効果があるとも言われています。
特に筋肉や関節・神経系の障害に対する緩和治療やリハビリとして、また高齢の子に対する健康管理やボディケアとして、より良い効果が期待できます。

鍼治療の流れ

まず初回の問診で今あるトラブルなどをお伺いして、改善目標を立てていきます。
施術は鍼を刺入してから10分間ほど電気刺激を行う方法をとっていますので、30分程度で終えられるような内容になっています。
目的や重症度に応じて週1~2回の施術から、月1回程度の維持療法までやり方は様々です。
継続することも大事な要素になってきますので、その子に合わせた無理のないプランを立てて実践していくことが大切です。お気軽にご相談ください。

<当院は予約優先制です>ご来院の前にお電話ください

ページトップへ戻る