犬の虫歯|豊洲の動物病院なら「とよす動物病院」へ

facebook

ブログ

犬の虫歯

  • ブログ

犬の虫歯(齲蝕)はとても少ない病気です。
5%と言われていますが、診察していて感じる発生率は
1%以下ではないかと思うぐらいです。

発生の少ない理由は、
・人の臼歯と違い、裂肉歯という尖った歯が多いこと
・甘いものを食べないこと
・口腔内pHが人と違うため虫歯菌が少ないこと

などが挙げられます。

愛犬の歯を見た時に、歯の表面が黒いと感覚的に虫歯だ!
と思われますが、ほとんどの場合が歯石や着色です。

ただしまれに虫歯も存在し、先日治療したので報告します。

虫歯が発生する歯はやはり奥歯です。
特に上あごの奥の大きい歯の2本目(第一後臼歯)の内側、ここは犬の歯の中でも数少ない人の歯のように臼状になっている部分です。
両側がなっている場合が多いです。

口を大きく開け、内側から見ることでしか発見は難しですが、
外側から見ても悪そうなところがないが
口臭が強い、食べ物を噛みにくそう、歯を痛がる
などの症状があればチェックしてみるとよいでしょう!


治療は動物の場合、一般的に抜歯・・・です。

ただし、人と同じで、
浅ければ削って白い詰め物で治る場合もありますし、
深くても状況に応じて歯の中の神経治療をして歯を残すことができるかもしれません。

今回のワンコは深すぎて抜歯になってしまいましたが、
もし虫歯を見つけたときはご相談ください!

<当院は予約優先制です>ご来院の前にお電話ください

ページトップへ戻る